中古住宅の水まわりリフォーム

小浜市の郊外にお住まいだったS様ご夫妻。ご主人の定年を機に、ショッピングなどの日常生活で便利な小浜市内の中心部での生活を計画されていました。弊社不動産部の仲介で、市内中心部の住宅を購入。合わせて古くなっていた水まわり全般のリフォーム をされることになりました。

以前の浴室。ユニットバスになっていて、一見きれいな感じがしています。しかし、20年以上前の商品で、壁面や浴槽、洗い場に断熱処理が施されていないため、冬場になるととても寒かったと、以前の持ち主さんから聞いていました。そこで今回、断熱性と清掃性及び機能性に優れたTOTOサザナSタイプをご提案させていただきました。

壁パネルは新らしくなった鮮やかなブルー色をご採用。古くなっていた電気温水器からエコキュートに取り替え、入浴がとても便利になりました。

洗い場は、断熱性とクッション性に富んだ「ほっカラリ床」をご採用。入浴後一晩経過すると、自然と水が切れてカラカラの床になっています。また出入口は洗面所との段差の無いバリアフリーになっています。また洗い場正面のカウンターは、奥の壁にひっついておらず、隙間があいているため、水あかが溜まらずとても清掃性に優れています。

↑TOTOさんのカタログから抜粋させてもらいました。こんな感じです。

リフォーム前のトイレ。「充分使用できますよ」と、以前のオーナー様からお聞きしていました。もちろん使用はできますが、20年以上経過していることと、毎日使用するところなので、新しいお住まいには新しいトイレが必要と思い、今回リフォームのご提案をさせていただきました。

リフォーム後のトイレ。天井と壁のクロスをアクセント仕様に貼り替え、床のクッションフロアも新しくしました。また、照明器具をLEDに取替えたため、室内がとても明るく、そして清潔になっています。トイレはTOTOさんのウォシュレット一体形便器を取付けています。この商品は、本来TOTOさんが有名ハウスメーカーさんに出荷するための商品でしたが、私たちの地域の業者でも仕入れることが可能となっています。無駄な機能は取り除いてあるため、シンプルで価格もかなりリーズナブルとなっています。どのお客様からも好評の一品です。

リフォーム前の様子

今すぐメールで無料相談をする