『空き家について』-⑥

2018-03-17

空き家問題の解決策として「売る」「貸す」「住む」「維持(管理)」の4つ

が主な選択肢として考えられるといった話を前回お話ししました。

今回はその中から「売る」についてお話しです。

 

まず、「売る」場合のメリット、デメリットを挙げていきますと

《メリット》

・固定資産税等、維持費の負担が無くなる。

・空き家の管理や修繕、隣接住戸への配慮をしなくて良くなる。

・売却益が得られる。

・完全に手離れになるため、金銭的にも精神的にも楽になる。

《デメリット》

・相続が発生している場合、相続権の関係する人物全員で、話

 合いをしっかりしておかないと後々親族間で揉める事がある。

・建物の状態や立地条件が悪く買手が見付からない。(売れな

 い)また、売れてもほとんど売却益が出ない。

・解体して更地にする場合は解体費用を負担することになる。

 などといったようなことが考えられます。

特に持っておく理由や必要性のない空き家についてはまず最

初に売却(処分)を検討してみてはいかがでしょうか?

 

今すぐメールで無料相談をする